不動産売却にかかる仲介手数料

不動産売却にかかる仲介手数料

不動産は大きな買い物です。
買うときだけならまだしも、その不動産を手離す際にも様々な経費がかかります。
特に、仲介手数料は1件の不動産を売却するのに60万円以上かかることも…。
それだけあれば、引っ越し費用の他に家具が1つ買えてしまいますよね。
しかし、実際に不動産会社を通さず、自分自身で不動産を売却するとなると、買い手の募集から契約手続き、書類作成、登記などをすべてこなさねばならず、不動産取引に関して知識のない人ではとても太刀打ちできません。
また、個人よりも業者と取引する方が、買い手も信頼して話を進めることができるでしょう。
確かに「高い」と感じる仲介手数料ですが、これらすべての手続にかかる時間と労力を考えると相応な気もしてしまいます。